メルマガ登録
twitter facebook

S__10797095

UUUオーケストラ・プロジェクト 9期 1月31日まで募集延長! 2017.2.25(土)~3.6(月) フィリピン・セブ島で過ごす音楽の旅。

音楽が大好きな方、海外で演奏してみたい方、新しいことに挑戦してみたい方にピッタリの企画です。

2017年春のオーケストラ・プロジェクトは2017年2月25日(土)~3月6日(月)の日程で開催します。
国内リハーサルは2016年12月10日(土)に池袋みらい館で行いました。

(募集楽器)
クラリネット、バス・クラリネット、ファゴット、サックス
ホルン、トランペット、トロンボーン、ユーフォニウム、
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス
打楽器、テューバ1台、コントラバス1台は現地にて貸し出し可能な楽器があります。

(殺陣経験者、演じることが好きな方)
サムライや忍者の殺陣を演じます。

(カメラマン2名ほど)
期間中にオーケストラと一緒に回ってコンサートの様子やメンバーの写真を撮ってくれる方を募集します。
カメラが好きな方、写真が好きな方、音楽が好きな方、子どもが好きな方、旅行が好きな方、ぜひお待ちしております。
撮影して頂いた写真データはプロジェクト終了後に頂き今後の広報活動に活用させていただきます。

カメラマンの参加費⇒27’000円(航空券代、食費は含まれません、割引の利用はできません)

 

1.UUUオーケストラ・プロジェクトとは?

音楽の楽しさ・ワクワクをフィリピンの子ども達に届ける! スラムに暮らす子ども達と一緒にコンサートを作り上げましょう! フィリピンの子ども達に生の音楽を届けるプロジェクトで、2012年に関東や関西の大学生による学生団体として発足しました。2013年よりNPO法人セブンスピリットの主催事業として開催しており、これまでにセブで7回、マニラで1回開催して、延べ約200名のメンバーが参加。フィリピンのセブ島、ルソン島、ミンダナオ島を訪れて約3万人の子ども達に音楽を届けてきました。 UUU(ユーユーユー)はMusic Unites The WorldのUnitesの頭文字“U”、Worldの頭文字“W”を並べたときにUが3つ、UUUと並んだように見えることからそう呼んでいます。これまでの演奏を経て、現地でもUUUの名前が少しずつ認知されるようになってきています。

UUUオーケストラ2015春 ダイジェスト映像

 

2.なぜフィリピンに音楽を届けるのか?

音楽のような情操教育は幼少期の子ども達の人間形成において、非常に大きな効果を発揮します。たとえばセブンスピリットが現在おこなっているリコーダーや鍵盤ハーモニカ、管楽器、弦楽器、打楽器などを使った合奏を通して、子ども達は社会性や協調性といった、生きていくために必要な力。すなわちライフスキルを学んでいます。しかし、フィリピンの子ども達が通う公立の学校には、独立した音楽の授業がなく、子ども達は音楽を通してこれらのことを学ぶ機会がありません。 UUUでは、これまで音楽に縁のない人生を歩んできた子ども達に音楽の力、音楽の楽しさを届け、そこで興味を持った子ども達がセブンスピリットの音楽教室に無料で通うことのできる、そんなサイクル作りを行っています。皆さんが初めてオーケストラを目の当たりにしたとき、なにを感じましたか? 初めて光り輝く楽器を手にしたとき、どんな顔をしましたか?そんな子ども達にとって初めての興奮、初めてのわくわくを、ぜひ一緒に届けましょう。

 

3.UUUオーケストラ・プロジェクトが掲げる目的

セブンスピリットの音楽教室の子ども達への音楽教育支援

現在65名の子ども達がセブンスピリットの音楽教室に通っています。まだ音楽文化が成熟していないフィリピンでは生のオーケストラや吹奏楽の演奏を聞ける機会がありません。UUUオーケストラのメンバーと一緒に練習したり、コンサートで共演することを心から楽しみにしています。目を輝かせながらコンサートに参加した子ども達は、合奏の楽しさを知り、夢や希望を抱くようになります。音楽にはこのような素敵な力があります。

 

音楽を通した国際交流の実現

音楽が共通点で集まったUUUオーケストラのメンバー。そしてフィリピン・セブ島でも楽器を奏でる子ども達、セブ・フィルハーモニック・オーケストラの演奏者達、たくさんの音楽の仲間との出会いがあります。話す言葉はお互い違うけれど、一緒に演奏するとハーモニーが広がります。音楽がもたらす、この一体感はあなたの心に一生忘れられない感動を残します。

 

4.今回のUUUオーケストラプロジェクトについて

①特色

フィリピン人は本当に音楽が大好きです。 特にダンスや歌うことが本当に大好きでフィリピンでよく知られている曲をUUUオーケーストラが演奏すると客席から大合唱が起こります。今回も前回に引き続き、オーケストラとコーラスによる音楽をフィリピンに届けたいと思っています。また3回目の開催となるミュージック・フェスティバルを開催します。今年からはテーマを決めてテーマに沿った選曲を各演奏団体に依頼します。今年のテーマは『ダンス』です。各参加団体にダンスに関する音楽を演奏していただく予定です。UUUオーケストラのメンバーは映画『座頭市』の中で取り上げられている下駄タップをセブンスピリットの子ども達も交えてみんなで踊ります。またフィリピン人から見た日本のイメージはサムライや忍者です。サムライや忍者が登場する殺陣を演じる有志をメンバーから募りたいと思います。現地ではフィリピンの子ども達やセブのオーケストラに所属するフィリピン人の演奏家との音楽を通した交流をお楽しみいただくと共に、普通の旅行では見ることのできない貧困地域への訪問の機会もありセブンスピリットが長く関わってきている地域に実際に行きフィリピン人の生活を感じることができます。 素敵な10日間のフィリピン・セブ島の旅がここにあります。

②演奏予定曲♪

  • 各楽器のアンサンブル
  • リバー・ダンス(吹奏楽)
  • シンフォニック・マンボ No.5(オーケストラ)
  • オペラ座の怪人メドレー(オーケストラとコーラス)
  • Tomorrow(ミュージカル・アニー) (吹奏楽とコーラス)
  • ふるさと(オーケストラとコーラス)
  • スラブ舞曲 第8番(オーケストラ)
  • ドボルザーク交響曲 第8番 より(オーケストラ)
  • UUUオーケストラ テーマソング(オーケストラと歌)
  • ※曲目は変更する可能性があります。

 

③スケジュールについて

国内リハーサルについて

2016年12月10日(土)10:00~17:00
みらい館大明で予定しています。

現地でのスケジュール

2017.2.25(土)~3.6(月)

日程 内容 説明
2月25日(土) セブ島へ出発!マクタンセブ・空港到着 セブの空港までスタッフがお迎えに行きます。車でホテルに向かいます。
2月26日(日) オリエンテーション
子ども達と合同練習
プロジェクト開始です!
2月27日(月) セブ市内観光
セブ管弦楽団と合同リハーサル
観光地を見てまわった後はリハーサルです♪
2月28日(火) 公立の小学校にて初公演 このメンバーで最初の本番です。頑張りましょう!
3月1日(水) 地方公演。セブの田舎町の
学校を訪問します。海にも行きます。
フィリピンの田舎は魅力的なものがいっぱい
きれいな海があなたを待っています。
3月2日(木) 子ども達と練習
セブ管弦楽団と合同リハーサル
セブンスピリットの子ども達と一緒に音楽練習
3月3日(金) 貧困地域訪問
スラム地域でコンサート
なかなか行くことのできないセブの貧困地域を
訪問してコンサートを開催します。
3月4日(土) 第3回ミューシック・フェスティバル セブの演奏団体がたくさん参加します。
3月5日(日) 最終コンサート セブンスピリットの子ども達、セブ管弦楽団との合同コンサートです。
3月6日(月) 帰国日 各自で帰国となります。
延泊してセブを満喫するのもオススメです。

 

セブンスピリットの子ども達とも一緒に活動する時間があります 

④現地での滞在先

現地での宿泊予定のホテル

グランティアラ・スイート

グランティアラ②

グランティアラ

住所:Don Mariano Cui Cor. Don Jose Avila, Capitol, Cebecity, Cebu, Philipine 6000 電話番号:+81(6332) 412 4562 UUUオーケストラ・プロジェクトで毎回使用しているホテルです。 近くにセブンイレブン、病院もあり安心してセブでの生活を送ることができます!ホテル内にはインターネットに接続可能な無料のWifiもあります。また無料の飲料水、タオルが利用可能です。徒歩圏内にイタリアン、韓国料理、フィリピン料理、日本食屋、マクドナルドなど飲食店も充実しています!   

⑤参加費用

10月1日(土)~11月11日(金)まで97,000円!! 

11月12日(土)~12月31日(日)まで107,000円
(航空券代、食費は含みません)  各種 割引あります!!!

カメラマンの参加費⇒27’000円(航空券代、食費は含まれません、割引の利用はできません)

【友達割】
何人かご一緒にお申し込みするのであればこちらがお得
2名同時申し込みで2000円割引

3名同時申し込みで4000円割引
4名同時申し込みで6000円割引

【リピーター割】
これまでにオーケストラ・プロジェクトにご参加されたことのある方はさらに5000円割引いたします。

※現地までの往復航空券と食事代は参加費に含まれません。
※UUUオーケストラの参加費の一部をNPO法人セブンスピリットがセブ島で運営している音楽教室の運営費として使わせていただいています。

参加費のお振込先と参加費の振込期限
11月11日(金)までの早割の期間にお申し込み頂いた方は11月30日(水)までに、
11月12日(土)~11月30日(水)の期間にお申し込み頂いた方は12月15日(木)までに、
12月1日 (木)~12月31日(土)の期間にお申し込み頂いた方は1月16日(月)までに
1月1日(日)~1月31日(火)の期間にお申し込み頂いた方は2月7日(火)までにお振込をお願いいたします。
みずほ銀行 高田馬場支店 普通2811029 トクヒ)セブンスピリット

⑥ボランティアチーム

UUUプロジェクトは参加者の皆さんがリーダーシップを発揮できるような場を提供しています。

セブンスピリットではセブ島の貧困地域に音楽スタジオを構えてフィリピンの子ども達に音楽教育を通したライフスキル教育、リーダーシップ育成に取り組んでいます。参加者の皆さんにもセブンスピリットの教育活動に参加していただき子ども達の先生となって皆さんの個性を生かしたリーダーシップを発揮して子ども達と関わっていって欲しいなと思っています。そのために参加者の皆さんにはUUUオーケストラの企画を進めていく各チームに入っていただき、参加者同士で話し合って企画を進めていただきます。

コンサート・チーム 演奏会の司会進行、楽器紹介の内容を考える。
フェスティヴァル・チーム 音楽祭の企画構成、合同演奏を考える。
テーマソング・チーム UUUのテーマソングの指導・司会を企画する。
パンフレット・チーム 現地で配る演奏会のパンフレットの作成。
ワークショップ・チーム 子ども達と一緒に共演する曲や企画を考える。

 

5.スタッフ/ ソリスト紹介

永田正彰 (Masaaki Nagata)

UUU Orchestra 2016 Music Director&Conductor
nagata

大阪府吹田市出身。大阪音楽大学器楽学科トロンボーン専攻卒業。 トロンボーンをドイツ人のトロンボーン奏者のアルミン・ロジン、宗清洋、清水敏也、小西元司、篠崎卓巳、フジイヒロキ、指揮法を加藤完二の各氏に師事。時任康文氏の指揮者講習会を受講。大学卒業後7年間は関西で吹奏楽のバンド指導、オーケストラ、Bigband Jazz、室内楽など様々な演奏活動に携わる。 2013月2月の第2期UUUオーケストラ・プロジェクトに指揮者として参加したことがきっかけでフィリピン・セブ島のことを初めて知る。この経験が忘れられず、同年11月からセブ島に移住し、NPO法人セブンスピリットの音楽教室のミュージック・ディレクターに就任。 現在トロンボーン奏者としてセブ・フィルハーモニーオーケストラに在籍するかたわら、セブ島タリサイ市の私立高校での管楽器の指導やセブ・ノーマル大学の吹奏楽団の創立に携わっている。セブ島のゆるキャラ「チンパ家」のテーマソング、イベントのテーマ曲の作曲を担当するなど、幅広く活躍している。第2期より指揮者を勤め、2期、6期、第7期、第8期に引き続き9期でもUUUオーケストラの指揮者を勤めます。

  【日本では当たり前のようにあるものが、ここフィリピンではそれが当たり前でありません】
フィリピン・セブ島には1日1人当たり2ドル(約200円)以下で暮らす人々が41.5%、1.25ドルで暮らす人々は18%、人口の約60%が貧しく毎日食べていくのがやっとという生活をしています。 またそのような貧しい生活によって自尊心を失ってしまうということが現実としてあります。私たち日本人は衣食住にも恵まれ、また辛いときには音楽を聴いて心を癒すことができます。そして実際に音楽が心の支えとなったという方も少なくないと思います。 このUUUオーケストラ・プロジェクトで訪れるフィリピン・セブ島は近年人口が増え続け仕事に就けない人も多く貧富の差が広がっています。セブ島のスラム地域ではシンナー、ドラッグが安く簡単に手に入り暴力も多く子ども達にとって危険がすぐ側にあります。危険から子ども達を守るためにNPO法人セブンスピリットでは無料の音楽教室を開いて子ども達の居場所を作っています。 子ども達は毎日教室に通い音楽の練習に熱中して先生や友達と関わる中で社会性、仲間との協調性が身に付いていき、子ども達がコンサートで良い演奏をした時にお客様から大きな拍手を頂くことで自信をつけていきました。そして子ども達がUUUオーケストラの演奏を聴くことであんな演奏をしてみたいという新たな目標を持てたり子ども達の希望になると思います。 音楽を通して成長し学べること、それは人生をより豊かにしてくれるものであり、心のビタミン栄養となり子ども達の心にずっとに残ります。これこそが音楽が持つ力ではないかと思っています。 このUUUプロジェクトを通してフィリピンの歴史や文化、貧困問題、セブ島の子ども達の生活を知り、世界とつながるきっかけとなり、最後に音楽の可能性やあなた自身の可能性を知るきっかけとなることを願っています。 まだ参加に迷われている方、楽器にブランクがある方も心配いりません。勇気を持ってぜひ参加して下さい!お待ちしています!

Sunny

UUU Orchestra 2017 ソロ・シンガー
Sunny

6.過去の参加者の声

鈴木温子さん(トランペット)

Atsuko
UUUの10日間を通して様々なことを感じましたが、確実に言えるのは行ってよかったということです。
5年ぶりのトランペットは最後まで吹きこなすことができず、また、自分の英語力のなさにもどかしさを感じたりもしましたが、それら全てを含めて多くのことを感じ、考えることができたように思います。
初めて訪れるフィリピンは目に映るもの全てが新鮮で刺激的でした。ゴミ山と、そこに暮らす人々の姿に言葉を失い、それと同時に貧富の差の問題の深刻さを思い知りました。その一方で、明るく開放的なフィリピンの人たちの国民性はとても魅力的で、特に子どもたちのキラキラした笑顔はハッとするほど眩しいものでした。フィリピンでの体験1つ1つが決して日本では学ぶことのできなかったであろう大切なことを教えてくれました。
今回感じたことや反省点を自分なりに消化し、ひとまわり成長してまた参加できたらなと思います。

 

福島広之さん(トロンボーン)

Hiroyuki
言葉で言い表せないくらいの充実した日々でした!音楽に夢中になってくれる子どもたちの笑顔や反応は、本当に何にも代えがたいです。
そんな子どもたちと触れ合えただけでUUUに参加してよかったと心の底から思います。
またそれだけでなく、スラム街での演奏やゴミ山の周りでの暮らしの見学を通して、自分の価値観にも変化がありました。自分の将来に対するビジョンも少し変わって、自分にとっても非常にためになる10日間でした。
多くの友達を作ることができたし、純粋に楽しかったし、UUUでしかできない経験もたくさんあり、本当に参加してよかったです!

 

渡辺明子さん(オーボエ)

Akiko
フィリピンの人たちはどんな状況でも常に笑顔で楽しそうで、「フィリピンの人たちを笑顔にしたい!」という気持ちで参加したのですが逆に元気をたくさんもらいました。
日本に帰ってきてから気づいたのは、日本人は手元にあるものばかりを見ていて、他人の評価ばかりを気にして、常に忙しそう。
だからこそ、日本でも今回の経験を忘れず過ごして、フィリピンで学んだことを友達や家族に伝えていきたいです。
音楽を演奏した時の、フィリピンの子どもたちのキラキラの笑顔をわすれず、いつかフィリピンだけでなく世界中の人が音楽を楽しめるように、自分も活動していきたいです。
UUUのメンバーとフィリピンの人たちに出会えてよかったです!

 

7.お申し込みフォーム、お問い合わせ

お問い合わせ・ご質問はこちらへ

  

8.キャンセル・ポリシー

2017年1月25日(水)以降にキャンセルをされた場合は、参加費の10%のキャンセル料金を頂きます。
※キャンセルの際の返金の振り込み手数料はお客様のご負担となります。