メルマガ登録
twitter facebook

ライフスキル教育について

セブンスピリットは音楽・スポーツ教育を通したライフスキル教育を行っています。

ライフスキルとは?

ライフスキルは、
「日常で生じるさまざまな問題や要求に対して、建設的かつ効果的に対処するために必要な能力」
と定義されます。(WHOによる)

なぜセブ島の子ども達にライフスキルが必要なのか?

子どもがライフスキルを獲得することの意義は、
彼らを取り巻く問題等に効果的に対処できる、ということにあります。

日本ではリゾート地として知られるセブ島ですが、ここは多くの貧困層が暮らす街でもあり、子どもを取り巻く社会的問題も多く存在しています。そこで、私たちは以下のような効果を期待してライフスキル教育を実施することにしました。

それらは、以下の8つです。

  • 「薬物乱用の防止」
  • 「犯罪に手を染めないこと」
  • 「犯罪から身を守ること」
  • 「自尊心の高揚」
  • 「リーダーの育成」
  • 「規範意識の向上」
  • 「健康的な生活実践」
  • 「退学率の減少」

いずれも、セブ島の子どもが健やかに育っていくために必要な要素です。

ライフスキル教育を通して育成したい子ども像

セブ島の子どもには、彼らを取り巻くいくつかの社会的問題に効果的に対処していくことが求められています。
こうした実態を受けて、セブンスピリットがライフスキル教育によって「育成したい子ども像」についてご紹介します。

セブンスピリットでは、自分らしさを見つけ、描いた夢や希望の実現に向けて、建設的にチャレンジを続ける子どもを育てます。

セブンスピリットでは、皆が「自分」を生きていることを理解し、豊かな表現力で伝え合い、生産的なコミュニティーの実現のために、お互いの役割を見つけ果たし合っていける子どもを育てます。

上記のような子どもを育成することにおいて、子どもにどのような能力を備えることが求められるのでしょうか。
私たちは長時間に及ぶ議論の末、
「自己実現に向けた目標達成のスキル」「集団の中で人と効果的に関わるスキル」を備えることが重要であるとの結論に至りました。

具体的には、以下に示す8つのライフスキルを身につけることを教育目標として掲げました。
これらの教育目標を達成するために、音楽活動とスポーツ活動を実施しています。

ライフスキル育成のために、セブンスピリットが行っていること

私たちは音楽活動やスポーツ活動が有するさまざまな「体験」の場を、子どもがライフスキルを育む豊かな「学習」の機会と捉えています。
音楽・スポーツ活動の「楽しさ」を味わうことを中核としながら、教育的な取り組みを行っています。