メルマガ登録
twitter facebook

最近の活動~そして年末に向けて

ブログ

Posted on 2018.11.13


みなさんこんにちは。事務局長の永田です。
日本は少しずつ秋が深まってきている頃でしょうか。
セブンスピリットでは10月31日にハロウィン・コンサートを開催したり、その他でもいくつかの動きがありましたのでご報告いたします。

ハロウイン






子どもたちの演奏が街を彩る


金管 ハロウィン

日本でも大都市を中心にプロのオーケストラの団員が少人数でのアンサンブルを組み、街角やお店など様々なところで演奏を繰り広げる音楽企画が行われています。私の地元の大阪でも大阪フィルハーモニーの団員の方を中心に指揮者の大植さんが居られた頃から「大阪クラシック」というイベントが行われていて、私も大学生のときに大植さんが指揮をするオーケストラでトロンボーンを演奏させていただいた事があり、一般の方に生の音楽を聴いていただける機会を作る意味でも素敵な企画だな、いつかセブでもしたいなと考えていました。

サックス ハロウィン

私達は2015年からハロウィン・コンサートをセブ市内のダウンタウンの街角で行っていて、ここ数年でスターバックスなどお店が充実してきたこともあり、街角やお店で演奏をするという構想をフィリピン人スタッフと話し合って進めてきました。今回はフルート、クラリネット、サクソフォン、トロンボーン、金管楽器、弦楽の5つのアンサンブルのチームを作ってスターバックス、ローストチキンのお店で演奏を披露しました。他のお店にも依頼していましたが断られたり、返事をもらえなかったりしましたが、演奏を行った2店舗からはとてもポジティブな反応を頂けました。またクリスマス頃に演奏をして欲しいという次回の依頼も頂きました。

バイオリン ハロウィン

オーケストラ全体でのコンサートは会場が急遽変更になったりして計画していたフラッシュ・モブを上手くみせられなかった部分もあるのですが、充実したコンサートとなりました。そしてハロウィンの夜は毎年子どもたちは音楽スタジオに泊まります。年に一度の楽しみでもあります。





新しい音楽企画を計画中


「MUSIC EDUCATION HOUR」(ミュージック・エデュケーション・アワー)と名付けた、この新しい企画はまだ計画中ですが、説明するとセブの音楽家を集めてオーケストラ、または吹奏楽団を作り、セブの私立高校などで芸術観賞教室を実施しようという企画です。また学校からは演奏会のチケット代を頂き、そこから演奏家に出演料がしっかりと支払えるシステムを作り上げたいと考えています。そうすることで将来的にはこのオーケストラに大人になったセブンスピリットの子ども達が所属してティーチング・アーティスト(音楽の伝道者)として次の世代に音楽の楽しさを伝えていける環境を作り上げたいと考えています。

エデュケーショナルオーケストラ

10月末に音楽学部のある南フィリピン大学の教授マグノさんとこの企画についてお話をする機会がありました。とてもいいアイデアだと言ってくれて、来年の2月に第1回目のコンサート開催を目指しましょうと話しています。フィリピン・タイムでなかなか進まないかもしれませんが、次は学部長に話をして進めていきます。





アメリカ人のピアノの先生


ポーターさん

写真に写っているのが毎週1回、子どもたちにピアノを教えてくれているアメリカ人のポーターさん(26)です。去年からセブのIT企業で働いていてアメリカの大学では作曲を専攻していたそうです。
彼が来てくれる事になった経緯は、私が2016年頃からセブの仏教寺院で毎週開催されている瞑想の会に出席していて、そこには中国系フィリピン人、欧米人もよく参加していて、瞑想の後に色んなトピックスについてみんなで話す時間があってとても有意義な時間でした。最近はセブンスピリットの業務が忙しく1年ほど参加できていなかったのですが、主催者のフィリピン人の友人が瞑想の会に参加していたポーターさんにセブンスピリットのことを話してくれて繋がることができました。
何がきっかけになって物事が繋がるかというのは後になってみないと分からないものですね。子ども達も希望者7名がピアノの基礎からゆっくり教えていただいています。いつかピアノの発表会も開催したいです。


新しいスタッフ


ソーシャルワーカー(社会福祉士)の新しいフィリピン人スタッフ採用に向けて10月から求人サイトに投稿したりして募集をしていました。フィリピン各地から16名の応募があり、8名が面接に来てくれました。中には違う島からこの面接の為にセブに来てくれた方も居ました。ここで働きたいという思いをもってくれることはとても有難いですね。

新しいスタッフ

面接をしたスタッフ3人全員一致でKareenさん(写真右)に決まりました。まだ若いのに堂々と受け答えするのが決め手となりました。これから彼女がセブンスピリットに新しい風を吹かせてくれることでしょう。

こんな事もありました。~そして年末に向けて~


スケート3

子ども達がアイススケートに挑戦しました。2年前からセブンスピリットではデンマーク人インターン生を受け入れており今回来てくれているSiselさんは母国デンマークで支援金を集めてくれて今回アイススケートに行くことができました。ありがとうございました。Siselさんは今月末でインターン期間が終わりデンマークに帰ります。このように少しずつ世界中にセブンスピリットの活動が広まっていくことを願っています。

また今年の7月にマニラの音楽祭に参加したのですがその時の子どもたちの演奏が入ったDVDを主催者の方々がわざわざセブンスピリットに届けに来てくれました。

CCPスタッフ

7月のマニラ公演のように日々の活動の中で目標になるイベントがあると子ども達もどんどん成長していくことができます。これからも子ども達が成長できる場所を作っていきたいと思います。


私事ですが11月19日から30日まで日本へ帰国します。今回は大阪の私立高校へ伺ったり、音楽大学の学長さんとお話させていただいたり、自分自身の音楽や指揮のレベルアップを図る機会にも恵まれたり、地元大阪ではゆっくり過ごしたいと思います。そして12月から年末にかけて、とあるテレビ番組の密着取材があり、私の帰国中の大阪での活動から撮影が始まります。また情報が解禁され次第みなさんにも詳しくお伝えいたします。
セブンスピリットの活動が多くの人達に広く知られるきっかけ作りとなる年末、そして年始となるようにしっかり進めてまいります。



NPO法人セブンスピリットは、フィリピンを拠点に音楽・スポーツ教育活動を通して子ども達のライフスキル(=生きる力)の育成に取り組んでいます。
わたしたちのミッションや、拠点とするフィリピンの子ども達が置かれる状況についてはこちら
音楽・スポーツ教育活動の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

また、セブンスピリットは皆様からのさまざまな形での支援をお願いしております。
支援の方法につきましては、こちらをご覧ください。